パチンコ(パチスロ)新台情報や業界ニュース、面白ネタまで!

ラッキータイムズ

【実践値】プラス収支になる、リゼロの天井狙いスタートG数が早い!

投稿日:

 

新パネル「剣聖パネル」も今月に導入されロングヒットとなっているリゼロ。ブロガーぽこちさんより、「リゼロ天井狙い実践値110台まとめ」が開示されていました。その驚きの結果を紹介します。

環境

・5.6枚交換再プレイ500枚上限
・6枚交換再プレイ500枚上限
・下が設定2メイン

打ち始めボーダー

・200G前後 アイテム不問
・150G付近のアイテム有利状態
・AT後有利区間引き継ぎ台
(250白鯨負け引き継ぎとかは打ってない)

フリーズ・完走回数

フリーズ:0回
完走:5回(内1回は有利区間総差枚内完走)

まとめてみて

完走の回数多いからちょっと上ブレしてるような気もするけどw
110台だし実践値というには少ないっすけど、とりあえず200G付近から数こなせばプラスになるってのは間違いないっすね。

引用元:https://note.mu/poko777/n/na0c07fa6dbaa

シェビの全力考察

アイテム不問の200G以降でプラス収支って、甘すぎですね。完走も5回あってのそれ込みということなので、下ブレになれば試行回数も増えます。安易には考えてはダメですが、驚きの結果です。

評判の良くない6号機ですが、リゼロだけが人気を博した理由をシェビなりに考察します。

ネコ
1 高純増による出玉の速さ

2「2・4・6」の設定示唆演出が出やすい

3 台の知識が、勝敗に直結する

高純増による出玉の速さ

他の知識人にも語りつくされていますが、シェビらしく語ります。6号機の機械割の低さと2400枚規制を、純増8枚という出玉スピードによる快感でうまくごまかした。

ごまかすという表現は聞こえが悪いですが、ここで重要なことはプレイヤーは勝率よりも一気に出る出玉スピードを重視するということだと思います。

5号機に勝っている点を作り、6号機リゼロを打つ明確な優位性を作った点は素晴らしいと思います。

30分で2400枚出る仕様なので、閉店ギリギリまで遊技出来ます。一度2400枚の完走を味わったプレイヤーは、すぐに取り返せるイメージ故に追いかけにもプラス要素となったのです。

リゼロ様は、パチスロの革命児といっても過言ではないと思います。

「2・4・6」の設定示唆演出が出やすい

個人的には、これが一番の衝撃でした。朝イチのコンビニスタートから1G目で246円が見れる可能性があります。

この画面が早めに出るか出ないかで、稼働ゲーム数が全国ともなると相当変わってくると思います。

この発想はその当時斬新で、大都技研さんの考え抜かれた名案だと思います。

台の知識が、勝敗に直結する

リゼロの解析値は今でこそ出揃ってきてはいますが、導入当初は雲を掴む状態だったはずです。明晰なスロッターは過去の台と照らし合わせて、リゼロにおける独自の立ち回りを模索したはずです。

ぽこちさんの実践値にも見られるように、200Gからの天井狙いでプラス収支となります。導入当初は、400Gなどで離席する人もいたと思います。

プレイヤーにとっては、設定が読めやすいということも打つ気になれるプラス要素となったと思います。

最後に、、、

リゼロの導入日は3月4日です。本サイト「ラッキータイムズ」を始めたのが3月23日です。なんか話題になってる台があるなーくらいにしか思っていませんでした。

シェビは、パチンコしか触ってこなかった為、リゼロの突破型と重いAT確率に悪いイメージしかありませんでした。同じイメージを持った「剛腕クソヤロー」は、今では6号機はリゼロしか打つ価値がないとまで言わしめました。

リゼロは、他にもアニメキャラの誕生日によるイベント日示唆やカスタム解放のパスワードなどを盛り込んでいます。大都技研さんは、プレイヤーが最大限楽しんでもらえる様にしっかり考え抜いており、その構想は成功したと言えます。

おすすめ記事と広告

-パチスロ
-, ,

Copyright© ラッキータイムズ , 2019 All Rights Reserved.