パチンコ(パチスロ)新台情報や業界ニュース、面白ネタまで!

ラッキータイムズ

【呪縛ループ】パチスロ「S呪怨 再誕AT」のゲーム性、スペック詳細!

投稿日:

藤商事は7月29日、同社初のパチスロ6号機「S呪怨 再誕AT」の公式PVを公開した。ST継続タイプのAT「呪縛ST」と「BONUS」による“呪縛ループ”が見所となっている。

本機は2014年公開の映画「呪怨 終わりの始まり」(佐々木希出演)、2015年公開の映画「呪怨 ザ・ファイナル」(平愛梨出演)とのタイアップ機だ。実写の映像が盛り込まれ、2つの映画から4人ずつ豪華キャスト(トリンドル玲奈・おのののかetc...)が出演する。

ATタイプの本機は、純増が約1.3枚のST継続タイプのAT「呪縛ST」と、純増が約4枚の「BONUS」のループで出玉を増やしていく。「呪縛ST」のループ率は約72%~約93%で、この間はメダル減少の区間がない“呪縛ループ”が堪能できる。

初回の「呪縛ST」時は、ST回数の決定ゾーン「伽椰子SCREAM」(平均50G)からスタート。ベルが4回成立するまで毎G上乗せとなる。

ST消化中はBONUSを抽選し、BONUS当選でSTゲーム数を再セット。BONUS消化中はSTゲーム数の上乗せ抽選が行われ、上乗せするほど次回STの継続率がアップする。

通常時は、主にCZ経由でBONUS(=業BONUS)の獲得を目指す。CZは、BONUS期待度が約37%の「漆黒の刻」と、期待度が約70%の「EPISODE CHALLNGE」の2種類。通常ゲーム時は、50G毎にCZ高確の突入チャンスが訪れるほか、CZ間で400ゲームの消化となればCZ高確状態への突入が確定だ。

「業BONUS」発生後は、「呪縛ST」突入の抽選を行う。「業BONUS」消化中は、その後に移行する「業深き刻」のゲーム数の獲得チャンスとなっており当然、ゲーム数を多く獲得するほど「呪縛ST」に突入する期待度が高い。

「業BONUS」の消化後は「業深き刻」が発生。「業BONUS」中に貯めたゲーム数の分だけ「呪縛ST」の突入を抽選し、最終的に“インパクトEYEギミック”が発動すれば「呪縛ST」の当選が確定する。

主なスペック
・BONUS初当り確率
→1/365.5(設定1)~1/201.7(設定6)、
・出玉率
→97.8%(設定1)~1/110.1%(設定6)
・1000円ベース 約50G

導入の開始日は10月21日(一部の地域では10月15日)を予定し、販売の目標は5,000台となっている。

おすすめ記事と広告

-パチスロ
-,

Copyright© ラッキータイムズ , 2019 All Rights Reserved.