パチンコ(パチスロ)新台情報や業界ニュース、面白ネタまで!

ラッキータイムズ

【疑問】50万円のパチンコ台ってぶっちゃけ原価いくら位なの?

投稿日:

現在、一部のパチンコ機の新台価格は50万円を超えるという。新台価格の高騰化は、長年に渡り業界内での大きな課題であるものの、未だ決定的な解決の糸口が見えていない。

最近「牙狼 VS 仕置人」の動向が注目されたが、両機種に共通する点は、遊技機の枠が豪華という点だ。つまり注目機種となる必須条件が豪華なハード、あるいはソフトを搭載することだとすれば、必然的に高い新台価格という負の要素も付きまとう。

「今の原価はいくらぐらいなんですか?」

「10万行くか、行かないぐらい。実売価格は34~35万というところかな」

「すごい利益率ですね」

「この業界は不思議なもので、高くても買ってくれるから、メーカーはわざわざ値下げ競争なんてバカな真似はしない。高値がまかり通っているので弱小メーカーもそれで助かっているよ。中古になって新台価格の倍以上の値段で取引されることも珍しくないよ」

引用元:タクシーの車内から漏れてきたパチンコ台の原価/パチンコ日報

元メーカー開発者の解説記事

パチンコ機の原価について調べてみたところ、業界誌のサイトで、元メーカー開発者の方による詳細な解説記事があった。抜粋及び要約させて頂いた上で、ポイントとなるのはおおよそ下記の通りだ。

・ぱちんこの製作費は主に「開発費」「材料費」の2つに分類される

「開発費」(液晶や役物などの開発費、版権費など)は、1機種当たりトータル平均10億円前後かかる

「材料費」(盤面役物、基板、液晶パネルなどの費用)は、1台当たり平均15万円前後ぐらいかかる
(※本体枠は別計算)

・販売価格が1台40万円としてコンスタントに1万台販売することができればメーカーは黒字になる

・しかし現在、1万台売れるプロジェクトが少ないため多くのプロジェクトが赤字

・1つのヒット機種で大きく儲け、トータルで黒字というメーカーも少なくない

結論
開発者からいえば、1台40万円は(現状)「やむを得ない」が、ビジネスとしては(既に)「あり得ない」、すなわち、今までと同じやり方、作り方、考え方の延長線上では「業界全体は良くならない」。今までのレベル以上のものを低コストで作るスキームが必要。それが未だに見えていないメーカーが多い

引用元:1台40万円が普通になったぱちんこ機について(後編)

ネコ
1台当たり50万円もする機械代を実際負担するのは誰なのか、これを想像すると打つ気が失せる
ネコ
比較対象としては無理があるかもしれないが、新品のパソコンは昔、数十万円したのに、今は性能にこだわらなければ数万円で買える。新台のパチンコは昔、10~20万円だったのに、今は40~50万円と言われている。
ネコ
消費者ニーズの違いパト。パソコンはより安くのニーズに答えた結果だとしたら、パチンコは高くてもより豪華な機械をホールが求めた結果が、価格高騰の止まらない状況を作ったとも言えるパト
ネコ
(おっ、たまには鋭いことを言うな・・・)。確かに売れなければ、または打たれなけば、仏壇なんて作らないよな。
ネコ
廉価版の遊技機が普及しないのなら、豪華さを維持しつつコストを下げるという超難問に業界全体が取り組まなければ、メーカーもホールもジリ貧が続くパト

おすすめ記事と広告

-その他

Copyright© ラッキータイムズ , 2019 All Rights Reserved.