パチンコ(パチスロ)新台情報や業界ニュース、面白ネタまで!

ラッキータイムズ

【ラッキーコラム】保通協の前年度の決算が公開されています

投稿日:

保通協のホームページにて、平成30年度(平成30年4月~平成31年3月)の決算概要が掲載されています。

同年度の収益は25.9億円、費用が20.6億円、税引前利益が5.2億円。安定的な事業が運営できる環境にあって、この収益性の高さは何とも羨ましい限りですね。

この1年間に実施した遊技機の型式試験は、結果書の交付ベースだとパチンコ765件、パチスロ713件、じゃん球1件の合計1,479件。毎月平均で120件強といったところでしょうか。

ちなみに保通協は、型式試験だけではなく他の業務も行っております。例えば事件や事故、災害時において、携帯電話やデジカメで撮影した現場の画像等の活用に関する調査研究などです。確かに、保安通信協会という名称のイメージは、上記業務のほうがしっくりきますね。

ただし保通協の収益のほとんどは、型式試験業務です。同ホームページには、次年度(平成31年度)の収支予算書も載っており、それを見ると、おおよその収益の内訳が把握できます。

収支予算書の内訳表に載っている事業収益のうち、型式試験事業の事業集計は23.5億円、対する保安電子通信事業は1.3億円に過ぎません。

また収支予算書では、収益だけでなく費用の内訳も載っており、型式試験事業に関する費用は17.6億円と記載されています。

某会合で業界の某重鎮が行政担当官に対して、日パチスロが全然適合しない、その結果、申請費用関連で●●億円が無駄になった的な発言があったと聞きます。適合に苦戦する多くのメーカー関係者が、保通協の盤石な収益状況を見ると、苦笑い(もしくはお怒り)しそうですね。

↓↓クリックお願いします↓↓

-業界ニュース
-,

Copyright© ラッキータイムズ , 2019 All Rights Reserved.